スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐藤友哉の本棚フェア

『佐藤友哉の本棚フェア』というフェアをやるそうです。
8月6日(土)~
リブロ渋谷店

『ムーン・パレス』ポール・オースター
『ここより他の場所』(見るまえに跳べ 所収)大江健三郎
『ナイン・ストーリーズ』J・D・サリンジャー
『人の砂漠』沢木耕太郎
『青春ピカソ』 岡本太郎

この5冊があげられています。
フェアってことはこの本が並んでいるだけということでしょうか。
コメントくらいあるかな。
とにかく行ってみますので。
学生の人はこの本でも読んで読書感想文書いてみてはいかがでしょう。

それから『ぴあ』はまだ見てませーん。
友人にコピーを頼んだので次に会うときまで詳細わかりません。
沢渡さんが紹介してますのでそちらをどうぞ!
その手でMな子猫を守れ(7/28参照)

それから余談ではありますが、ホントにもう、いったいどうやったらSUPER H2Oのアタリが出るんだ!?
私の計画では4,5本買って
「試しに買っみたら当たっちゃいました」と言いながら沢渡大先生にプレゼントして
「ウリオさんありがとう! 大好き♪」と言われる予定だったんですが、飲んでも飲んでも当たりゃしません。
しかしオレは負けません。
何がなんでも当ててやります。

コメント

コピーはちゃんと取ってあるんですけど、なかなか逢えませんね。何か理由をつけて逢いましょうか。『妖怪大戦争』オフとか(笑)。

どうもすいませんねえ。感謝感謝。ああ『妖怪大戦争』は観たいです。じゃあそれで逢おう!

ウリオさんありがとう! 大好き♪ でございます。こんにちは。そのお言葉だけで自分は充分です。でも、もしアタリを下さったら、お礼にクリィミーマミちゃんのイラストを描いてウリオ社長に捧げますよ! それはともかく、リブロのフェア情報は微妙な感じです。何か良いことがあると信じて行ってみるしかないのか……。

ありがとうございます! こんちにわ。ホントに当たらないですよアレ。でもだんだん中毒になってきたので、飲まないと生きていけません。頑張って当ててクリィミーマミイラストゲットします! フェアは……まあ佐藤友哉の名が出てるならなんだって行きますぜ!の精神で行ってきます。

最近の佐藤先生ですけど
活躍と反比例して作品の質はちょっと落ちてきているように感じないでしょうか?
子供たち・・・にしてもその内容と言ったら、佐藤先生の推薦者であった
大塚氏の作品に似たような設定があり
しかし大塚氏は自らの作品のなかで
「それらの挿話を詳しく書けば、一遍の文学になるかもしれないが、そんなことにはまったく意味がないことだ」
とされ記されています。おそらく子供たちは、この一文に触発されて作り出されたのはまちがいありません。しかし佐藤先生が子供たちのどこに大塚氏の批評に対する反撃があるのか自分には読み取れませんでした。みなさんはどのように思われますか?

え、そうですか? 私は『子供たち怒る怒る怒る』超面白かったです。ファウストに掲載された鏡家の短編三作品も素晴らしかったと思います。『こどおこ』は作品によっては迷いというか試行錯誤が感じられるような気もしますが、短編集としてまとまるととても良い出来だと思っています。
大塚氏の一文に関しては、その作品がどれかわからないので何ともいえません(逃げの態勢)。別に反撃しなくってもいいじゃんというのはダメですか。

意見のある皆様へ
ちょっとスイマセンがコメント欄に長文が溢れると見づらいので長くなりそうな人は掲示板(まだ残ってた)へお願いします。
http://www4.rocketbbs.com/341/flicker.html

大塚氏の作品というのは
「僕は天使の羽根を踏まない」
です。この作品の六章を読んでいただければ、例の同じ設定の少年が出てきます。
ご参考までにどうぞ。

読んだので売ってなければ家のどこかにあるはず……。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


最近の記事


過去ログ


リンク


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。