スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐藤友哉×高橋源一郎 トークイベント1000年後の「青春」のために

◆佐藤友哉×高橋源一郎 トークイベント1000年後の「青春」のために
『1000年後に生き残るための青春小説講座』の刊行を記念して、著者である佐藤友哉さんと本書をお薦めしている高橋源一郎さんによるトークショーを開催します。 「青春」と「小説」をキーワードに、現代をどう生きるか、についてお二人がトークいたします。

※トークショー終了後には、佐藤友哉さんのサイン会を開催いたします。

2013年2月17日(日)
19:00~20:30
開場18:30~
630円 (税込)
会場 本店 大教室
定員 110名様

2013年2月1日(金)10時より受付。
お店に直接か、電話で予約してください。
http://www.aoyamabc.jp/event/survive1000years/

珍しくユヤタンより先に書いてやったぜ!
スポンサーサイト


今日もニコ生

◆ニコ生
先週も出てたけど、今週も出るよー。
今日はゲストの声優さんが大物なので弾き出されるかもねー。

◆韓国版デンデラ
先月発売されたそうです。
明日あたりちゃんと書きます。


来週のニコ生と韓国版『デンデラ』

◆星海社アワーfeat.2013年のゲーム・キッズ
02月22日(金) 19:00〜20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv126208836

毎週、渡辺浩弐によって書き下ろされたばかりの『2013年のゲーム・キッズ』最新作を、生放送で朗読する人気企画。今回はなんとあの能登麻美子さん登場です!
そして出版の未来を企画そして実践する「企画会議」を公開しています。

出演: 能登麻美子(声優)、太田克史 (星海社)、渡辺浩弐(作家)ほか


次回が最終回です。
前回が最終回だと勘違いしていました。
えっと大物じゃないって書くと前回の声優さんに失礼なので、
超大物がくるので弾き出されないようにプレミアム会員になればいいよ!
佐藤さんも特に宣伝するものもないけど、
ゲストで来るそうです。

結局先週も太宰さんのお話がほとんど出来ませんでしたが、
何の話をしてくれるんでしょうか。
プリキュア?

◆韓国版『デンデラ』
8956251967_1.jpg덴데라
出版社:학고재(学古斎・ハッコジェ)
発売日:2013/01/20
翻訳:イム・ジョンウン
値段:14,000원(ウォン)
ISBN:788956251967

どれが出版社名かわからなかったよ。
韓国版の表紙なかなか素敵ですね。
(情報元:Twitterありがとうございます!)
13/02/25追記
出版社名を教えてもらいました。感謝感謝。

◆佐藤友哉×高橋源一郎 トークイベント1000年後の「青春」のために
『1000年後に生き残るための青春小説講座』の刊行を記念して、著者である佐藤友哉さんと本書をお薦めしている高橋源一郎さんによるトークショーを開催します。 「青春」と「小説」をキーワードに、現代をどう生きるか、についてお二人がトークいたします。

※トークショー終了後には、佐藤友哉さんのサイン会を開催いたします。
2013年2月17日(日)
19:00~20:30
開場18:30~
630円 (税込)
会場 本店 大教室
定員 110名様

2013年2月1日(金)10時より受付。
お店に直接か、電話で予約してください。
http://www.aoyamabc.jp/event/survive1000years/

本日です。
当日直接行って平気かわからないので、
やっぱ行こうかなーって方は電話してからの方が無難です。

◆おれ日記
この間、某イベントに行って、
知り合ったからメールが着て、
こんなブログやってますーって最後に書いてあったので、
私もこんなブログやってますーって、
アドレス載せようと思ったけど、
冷静な目でこのデザインを見てやめといた。

なんだよこのウサギ!
もう知らない人もいると思うので、書きますが、
背景のウサギは佐藤さんが描いてくれたマイメロです。
ちなみに題字『fLICKER FRee』も佐藤さんに書いていただきました。
サインに描いてもらったウサギがツボに入ってしまったので、
「背景にしていいですか!?」と聞いて、速攻でやってやりました。
まさかレインボーになるとはユヤタンも思わなかっただろうて。
1000年後もこのデザインだったらすごいね!

このデザインも色々不具合が出てきて直したいし、
サイドバーのリンクもあらかた切れているので、
一気にどうにかしたいとは思っています。
ブログのデザインいじるのめんどくさいのよねー。

もっとちゃんとアーカイブ的なものを作りたい気もするけど、
リスト作るだけならWikiがあるから、いっかなって気がする。
やるなら、もっと別のアプローチを考えたい。
旧サイトの年表をパワーアップさせて、
当時のファンの反応など、そんときの空気を一緒に残したい。
1000年後にもファンからおにぎりとかAVもらったこととか残ればいい。


産経新聞にインタビュー

◆産経新聞2月21日
「1000年後に生き残るための青春小説講座」「一瞬の輝き」ポップに奏でる
載っていたそうです。
ネットでも読めますので、リンク先をご覧ください!

◆おれ日記
こないだのイベント、
高橋さんが野間宏をディスった話が面白すぎた。


週刊文春

にインタビューが載ってます。
週刊なのでお早めに。

(情報元:お友達)

 | BLOG TOP | 


最近の記事


過去ログ


リンク


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。