スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画出演?

は?

乙さんの自主映画の奴?
と呆然と記事を読んでみたら押井守さんの新作『立喰師列伝』に出演?
え、マジで?

第44回日本SF大会HAMACON2の『押井守「立喰師列伝」を語る!!』(7/16)において発表された出演陣の中に佐藤友哉の名前があったそうです。

詳しくは→20代真剣しゃべり場(情報元:2ちゃんねる

関連
押井守公式サイトガブリエルの憂鬱
特にこの辺を要チェック→『立喰師列伝』幻の企画書

それから情報遅れまくりな上に確認とれませんが、『ぴあ』の7月14日号にインタビューが載っていたらしいです。
こちらも情報元は2ちゃんねる。
今週号って書いてあったので余裕こいて次の日に探しに行ったら、次の号になってました_| ̄|○
今度は見た瞬間にコンビニに走ります。
地元の図書館になかったので明日遠征して探してこようと思います!
スポンサーサイト


『立喰師列伝』について

色々調べてみました。
野良犬の塒』が色々詳しいです。

ニュース一覧

『立喰師列伝』についての説明
これがすごく詳しいです。

それからあんまり期待はしない方がいいぞ~という記事を発見しました。
アニメ! アニメ!
制作方法は、百数十人の知人のスチール写真を取りためて、それをデジタル加工にしてアニメーションにするというもの。140人の数万カットに及ぶ写真をわずか5日間で撮るなど現場は壮絶だったという。

ユヤタン動かないよ。

でも映画楽しみですね!
春頃公開予定です。
しかしこれがまた都内での単館上映らしいです。うむう。


『活字倶楽部2005年夏号』の内容をチラリと紹介

かつくら日記(7/22)で夏号の紹介をしています。
(知った場所:いつもありがとうモノグラフ

佐藤友哉05「第2章“佐藤文学”のルーツを辿る」

 好評連続企画の第2弾。果たして今回は無事に、佐藤先生と取材班は待ち合わせ時刻に会えたのか!?(ソレが問題なのか??) 「子供たち怒る怒る怒る」の創作秘話+佐藤友哉お薦め文学について語っていただきました(前号の目標「西尾と付き合う!」は達成されたのかどうかは…「なるほどねー」なご回答をいただきました・笑)。


とのこと。
発売は7月25日(月)です!


『活字倶楽部2005年夏号』発売!

活字倶楽部2005年夏号
出版社:雑草社 発売日:05/07/25 値段:1020円(税込)
「佐藤友哉'05 第2章”佐藤文学”のルーツを辿る」掲載

まずは『子供たち怒る怒る怒る』についてですね。
文芸誌に書くこと、太田さんじゃない(笑)編集者さんとのやりとり、文学という世界にいるうちに悩んだり試行錯誤して変わっていく佐藤友哉をご覧下さい。

それから「佐藤文学のルーツを辿る」ということで、お薦め文学作品が紹介されています。
最後の1冊は浦賀和宏さんの『記憶の果て』だ!!!
ユヤタン好きで浦賀読んでらっしゃらない奴は読むがいいと思います。

情報。
鏡家サーガの新作は
「次号でまでには何か情報をお伝えできるようにがんばります」
だそうです。
『立喰師列伝』では
「乙一さん、滝本竜彦さんと三人で白衣の男とブラックメケメケ団を演じました」
とのことです。メケメケ?

 | BLOG TOP | 


最近の記事


過去ログ


リンク


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。