スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマゾンでお買い物



よろしく☆
スポンサーサイト


test

諸事情によりテスト投稿。


テスト投稿

テスト投稿ざんすー。
ブログ始めました。
とか書いてみたり。

テスト

テスト


『ファウストvol.5』

http://www.bk1.co.jp/product/02541758/?partnerid=p-mneko58346/

bk1では発売日が5月中旬になったそうです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061795724/ref=ase_mneko-22/249-0318512-4850708

あとamazonに表紙画像が出てますね。

両方ともM子猫さんから。
アフィリエイトID付きでコピーしちゃったのでクリックして買うと沢渡さんが儲かるので買うといいですよ。


かつくら

買いましたよ! 早く見たいですが電車の中では恥ずかしいのでしばらくおあずけです。詳しくは夜更新!


『活字倶楽部2005年春号』発売

『活字倶楽部2005年春号』
出版社:雑草社 発売日:05/04/25 値段:1020円(税込)
「佐藤友哉'05 第1章フィーバーの真相を追う」掲載

4号連続インタビュー企画です!
いやあ、活字倶楽部はかゆいところに手が届きます。
写真もかなりかっちょいいです!
さすがツボをわかってらっしゃる(にこにこ)。

インタビューについては各自買ってもらうということで、今後の予定のみピックアップ。
『子供たち怒る怒る怒る』(新潮社)には書き下ろし短編が2本収録されます!
わあーパチパチパチ!
その他、色シリーズ『灰色のダイエットコカコーラ』は後半書き下ろしで夏頃発売!
『ファウストvol.5』には鏡家ものの連作短編三本!

最後の微妙な筆記体のようなものは一体。
きっとアルコールのなせる技ですね!
西尾悦子と付き合え!


『野生時代(6月号)』にインタビュー

野生時代19号(6月号)』
出版社:角川書店 発売日:05/05/12 値段:840円(税込)

注目作先取りインタヴュー
『子供たち怒る怒る怒る』佐藤友哉 5/29日刊行掲載

情報ゲット先はあいかわらず『その手でMな子猫を守れ
毎度お世話になってます!

私はまだ買ってないので丸写しですが。
『子供たち怒る怒る怒る』に掲載されるのは
「子供たち怒る怒る怒る」
「慾望」
「大洪水の小さな家」
「死体と、」
「生まれてきてくれてありがとう!」(書き下ろし)
「リカちゃん人間」(書き下ろし)
の6作品になります。

発売日は29日か31日かわかりませんが、28日辺りから待ちきれずに本屋をうろうろしてましょう。

読んだらまたなにか書きます。


メルマガファウスト

が届いているのでとりあえずみんなメールチェックだ!(手抜きプレイ)
やっと目次がおがめますよ。

うちに帰ったらちゃんと更新します。


メールマガジンファウスト[第三十二号]

ファウスト vol.5ファウスト2005 spring Vol.5
出版社:講談社 発売日:05/05/18 値段:1575円(税込)
「対ロボット戦争の前夜」
「ナオミに捧ぐ 愛も汚辱のうちに」
「私のひょろひょろお兄ちゃん」
「佐藤友哉の人生・相談」(コラム)
イラストはすべて笹井一個さんです。



鏡家短編というだけで胸がはちきれんばかりです。
那緒美ちゃんが出れば文句はありませんが、そろそろ潤一郎お兄ちゃんのエピソードも読んでみたいです。

あとamazonアソシエイトを導入してみました。


『ファウストvol.5』発売!

ファウスト vol.5ファウスト2005 spring Vol.5
出版社:講談社 発売日:05/05/18 値段:1575円(税込)
「対ロボット戦争の前夜」
「ナオミに捧ぐ 愛も汚辱のうちに」
「私のひょろひょろお兄ちゃん」
「佐藤友哉の人生・相談」(コラム)
イラストはすべて笹井一個さんです。



ということで発売です!!!
本屋のお姉さんに「袋にお入れしますか?」って聞かれちゃったよ!
お入れしないよ!
皆さん、こんばんわ。
朝から本屋のお姉さんに困った顔をされてしまったウリオです。

にゃー。
もうヤバイ。
ありがとう佐藤友哉。
あんた輝いてるぜ。


もう売ってるらしいですよ

452501-4.gif

子供たち怒る怒る怒る』ですが、売ってるところでは売ってるみたいですよ!
明日は本屋に走りましょう!!!
クマさんが目印です。


ユヤタン出没

上遠野さんとウエダハジメさんのサイン会に来てると特派員からぞくぞくメールが届いています。サーモンピンクらしいですよ。


な、なんだってー!!!

20050528221209
渋谷のブックファーストでサイン会の整理券配ってるらしいです!!!
今出先なので詳細わかりません。各自努力して探してください!!!


僕らは

20050528221813
こんなに買ってしまった僕らはどうしたらいいんでしょう?
いや、もちろん行きますけど。
(今、世界で一番『子供たち怒る怒る怒る』が集まってるんじゃ)


『子供たち怒る怒る怒る』サイン会のお知らせ

『子供たち怒る怒る怒る』サイン会。
渋谷ブックファースト
6月12日(日)14時~
『子供たち怒る怒る怒る』購入者に、2階カウンターで整理券を配布。枚数は150枚。

と友人が電話で確認しました。
私もこれから向かうことにします。


あらためて

新潮社ブックファーストにサイン会情報が載りました!
という報告です。
新潮社はTOPページでイベントにカーソルを合わせるとユヤサンが出ます。

ちゃんと載せてなかったのであらためて。

『子供たち怒る怒る怒る』佐藤友哉
出版社:新潮社
発売日:05/05/31
値段:1680円(税込)
ISBN:4104525014

えーとサイン会情報は早めにほしいよね!
ということを沢渡さんに便乗して色々書いたんですが、消えてしまった。
東京のみだとずるいから、地方にも巡業でまわれ。
サイン会巡業サイコロの旅とか。

あと朝日新聞2005年5月25日夕刊1にインタビューが載っているということで、図書館で調べてこようと思ったんですが、忘れておりました。
詳しくは『その手でMな子猫を守れ』の日記5月28日をご覧下さい。


サイン会終了です

20050612153004
幸せです。生きててよかった。詳しいレポは明日にでも書きますので。


『子供たち怒る怒る怒る』サイン会レポートかな

2005年6月12日渋谷ブックファーストにて行われた
『子供たち怒る怒る怒る』刊行記念サイン会のレポートのようなものです。
サイン会に行けなかった皆様に少しでも雰囲気を味わっていただけば幸いです。

◆宣伝ポスター◆









昨日のエントリに載せたメッセージ付きポスターです。
異常に可愛らしいパンダイラスト。










こちらは佐藤友哉先生サイン会特別企画~ポスター小説~
「パンパース先生、太陽に会う」
いやあ、まさか佐藤先生の最新作がこんなところでおがめるとは……。
いやあ…。
ぃゃぁ…。

◆店内放送◆
どうやら朝から何回か店内放送で佐藤先生がサイン会の宣伝を行っていたようです。
私は最後の1回しか聴けませんでしたが、自ら「佐藤友哉先生のサイン会」という先生は素晴らしかったです。

◆サイン会◆
今回は初の単独サイン会ということで。
150人来ても30分くらいで終わるんじゃないかと心配していましたが、今回は為書き付きでした。
鉛筆が配られ名前を書こうと思い、止まる指。

ウ、ウリ……。
駄目だ! できない!
大人しく本名にしておきました。

先ほどご紹介しましたポスター小説のコピーが配られました。
太っ腹!
そしていよいよサイン会が開始されました。
店員さんが開始を告げるとみんなで拍手。
階段を降りると佐藤先生が待ち構えています。
今回はなんと椅子付きです。
これは「座ってゆっくりおしゃべりしていいってことですか!?」

番号が若かったのですぐに私の番がまわってきました。
とりあえず差し入れを渡してサインを書いていただきました。
書きながら「あっ、しまった(小声)」って言ってました。

今回はゆったり座っておしゃべり席だから頑張ってなんかしゃべろうと思って出た言葉が
「あのパンダも先生が書かれたんですか?」
「いやっ、あれは違いますよー」
終了。
もっと他に聞くべきことがあるような気がするんですが、この口はそんなことしか聞けませんでした。

終わってからはものすごく特等席で佐藤先生をガン見してしまいました。
通路塞いで申し訳ありません。
前回のサイン会のときは途中で衝立が登場してふさがれてしまいましたが、なんと今回はどなたか存じませんが恐らく新潮社の方が仕切りを前に移動して場所を空けてくださいました。
「むしろ止める立場なんじゃないですか」
「いやー帰れっていっても帰らないでしょう(笑)」
(新潮社の株UP)

途中で休憩が入って、ものすごい勢いで写真撮影。
「なんですか、人を動物園の動物みたいに! 協力しませんからね!」
「早く帰って勉強しなさい!」
とうつむいたり、眼鏡外したり、後ろ向いたりと。

眺めていると最初はサインと為書きのみだったのに20番後半辺りからカバーをはずしたところに「牛」と書き始めていました。
こういう経緯だそうです
ず、ずるい! ずるいよ、ユヤタン!
色々ヴァージョンがありまして、たまに「生」だったり、「件」だったり、○に牛だったり、五芒星に牛だったり(何か召還されるかも)、かわいらしくヒヨコちゃんだったり、よくわからないイラストだったり、「理(合コン相手の島本理生先生専用)」「かつくら(かつくら編集者様専用)」だったり「牛+鏡家かくから(ファウスト編集者様専用)」「猫(佐藤友哉ファンサイト管理人専用)」だったりです。

最後は拍手で終了。

◆今回のいい人達◆
10冊お買い上げのいいオジサン。
いい女子高生。
いい矢野編集長。
いい太田編集長(整理券は5番です)。
いい沢渡さん。


『子供たち怒る怒る怒る』重版決定!

あ、あと関係ないですが、佐藤友哉先生の短編集『子供たち怒る怒る怒る』(新潮社)が重版決定したようです。おめでとうございます。「重版童貞」という不名誉なレッテルも今や昔ですね。
クイック・ジャパン編集部日記(6/14)
(知った場所:モノグラフの自由帳

『子供たち怒る怒る怒る』重版決定だそうです!
おめでとうございまーす!!!

どうも『こどおこ』は都心かでかい本屋に行かないと売ってないようなので、これで出回ってくれると嬉しいです。


映画出演?

は?

乙さんの自主映画の奴?
と呆然と記事を読んでみたら押井守さんの新作『立喰師列伝』に出演?
え、マジで?

第44回日本SF大会HAMACON2の『押井守「立喰師列伝」を語る!!』(7/16)において発表された出演陣の中に佐藤友哉の名前があったそうです。

詳しくは→20代真剣しゃべり場(情報元:2ちゃんねる

関連
押井守公式サイトガブリエルの憂鬱
特にこの辺を要チェック→『立喰師列伝』幻の企画書

それから情報遅れまくりな上に確認とれませんが、『ぴあ』の7月14日号にインタビューが載っていたらしいです。
こちらも情報元は2ちゃんねる。
今週号って書いてあったので余裕こいて次の日に探しに行ったら、次の号になってました_| ̄|○
今度は見た瞬間にコンビニに走ります。
地元の図書館になかったので明日遠征して探してこようと思います!


『立喰師列伝』について

色々調べてみました。
野良犬の塒』が色々詳しいです。

ニュース一覧

『立喰師列伝』についての説明
これがすごく詳しいです。

それからあんまり期待はしない方がいいぞ~という記事を発見しました。
アニメ! アニメ!
制作方法は、百数十人の知人のスチール写真を取りためて、それをデジタル加工にしてアニメーションにするというもの。140人の数万カットに及ぶ写真をわずか5日間で撮るなど現場は壮絶だったという。

ユヤタン動かないよ。

でも映画楽しみですね!
春頃公開予定です。
しかしこれがまた都内での単館上映らしいです。うむう。


『活字倶楽部2005年夏号』の内容をチラリと紹介

かつくら日記(7/22)で夏号の紹介をしています。
(知った場所:いつもありがとうモノグラフ

佐藤友哉05「第2章“佐藤文学”のルーツを辿る」

 好評連続企画の第2弾。果たして今回は無事に、佐藤先生と取材班は待ち合わせ時刻に会えたのか!?(ソレが問題なのか??) 「子供たち怒る怒る怒る」の創作秘話+佐藤友哉お薦め文学について語っていただきました(前号の目標「西尾と付き合う!」は達成されたのかどうかは…「なるほどねー」なご回答をいただきました・笑)。


とのこと。
発売は7月25日(月)です!


『活字倶楽部2005年夏号』発売!

活字倶楽部2005年夏号
出版社:雑草社 発売日:05/07/25 値段:1020円(税込)
「佐藤友哉'05 第2章”佐藤文学”のルーツを辿る」掲載

まずは『子供たち怒る怒る怒る』についてですね。
文芸誌に書くこと、太田さんじゃない(笑)編集者さんとのやりとり、文学という世界にいるうちに悩んだり試行錯誤して変わっていく佐藤友哉をご覧下さい。

それから「佐藤文学のルーツを辿る」ということで、お薦め文学作品が紹介されています。
最後の1冊は浦賀和宏さんの『記憶の果て』だ!!!
ユヤタン好きで浦賀読んでらっしゃらない奴は読むがいいと思います。

情報。
鏡家サーガの新作は
「次号でまでには何か情報をお伝えできるようにがんばります」
だそうです。
『立喰師列伝』では
「乙一さん、滝本竜彦さんと三人で白衣の男とブラックメケメケ団を演じました」
とのことです。メケメケ?


佐藤友哉の本棚フェア

『佐藤友哉の本棚フェア』というフェアをやるそうです。
8月6日(土)~
リブロ渋谷店

『ムーン・パレス』ポール・オースター
『ここより他の場所』(見るまえに跳べ 所収)大江健三郎
『ナイン・ストーリーズ』J・D・サリンジャー
『人の砂漠』沢木耕太郎
『青春ピカソ』 岡本太郎

この5冊があげられています。
フェアってことはこの本が並んでいるだけということでしょうか。
コメントくらいあるかな。
とにかく行ってみますので。
学生の人はこの本でも読んで読書感想文書いてみてはいかがでしょう。

それから『ぴあ』はまだ見てませーん。
友人にコピーを頼んだので次に会うときまで詳細わかりません。
沢渡さんが紹介してますのでそちらをどうぞ!
その手でMな子猫を守れ(7/28参照)

それから余談ではありますが、ホントにもう、いったいどうやったらSUPER H2Oのアタリが出るんだ!?
私の計画では4,5本買って
「試しに買っみたら当たっちゃいました」と言いながら沢渡大先生にプレゼントして
「ウリオさんありがとう! 大好き♪」と言われる予定だったんですが、飲んでも飲んでも当たりゃしません。
しかしオレは負けません。
何がなんでも当ててやります。


『群像』9月号



本日発売の『群像』9月号
島本理生×乙一×佐藤友哉 座談会「僕たちのスーパー小説」
というのが載ってるそうです。
(情報元:宿痾

自分達の小説の書き方やスタンスなど色々語り合ってます。
うーん、みんなそれぞれで面白いです。
作家志望の人は読むといいですよ。
ユヤタンのホームズ像もらったときの話が面白かった。
『博士の中心で、いま、会いにゆきます森』は読んでみたいです。

あと『佐藤友哉の本棚』は暑さに負けて行きませんでした。
11日に行けたらいこうと思います。
行った人はぜひどんなものだったか教えてくださいませ。


『著名人の本棚 佐藤友哉氏』

050811-2.jpg


渋谷リブロに行ってきました。
佐藤先生お薦めの本がずらーりと。
できれば解説なんかあると嬉しかったんですが、佐藤さんの紹介(写真付き)と書名が書いてあるパネルが置いてあるだけです。

『私のプリニウス』澁澤龍彦 河出書房
『オーデン詩集』思潮社
『モリッシー詩集』シンコー・ミュージック
『成りあがり』矢沢永吉 角川書店
『熊を殺すと雨が降る』遠藤ケイ 山と渓谷社
『ムーン・パレス』ポール・オースター 新潮社
『ルドルフとイッパイアッテナ』斉藤洋 講談社
『夏と冬の奏鳴曲』麻耶雄嵩 講談社
『ドグラ・マグラ(上)(下)』夢野久作 角川書店
『酔歩する男(「玩具修理者」所収)』小林泰三 角川書店
『ここより他の場所(「見るまえに跳べ」所収)』大江健三郎 新潮社
『ナイン・ストーリーズ』サリンジャー 新潮社
『殺戮の野獣館』リチャード・レイモン 扶桑社
『人の砂漠』沢木耕太郎 新潮社
『ステーシー』大槻ケンヂ 角川書店
『新耳袋 第一夜』メディアファクトリー
『ポケットに名言を』寺山修司 角川書店
『青春ピカソ』岡本太郎 新潮社
『知識人99人の死に方』荒俣宏 角川書店
『言壷』神林長平 中央公論新社

めんどいのリンクはなし。
4冊しか読んだことないなー。
別に全部読もうと思ってるわけじゃないのに、どうせ買うなら近所の本屋では絶対売ってないものと思って詩集を買ってしまった自分は頭の悪い子だなと思います。
読みやすそうなのを買えばよかったです。
(08/02/13修正「散歩する男」→「酔歩する男」856さんありがとう)


『灰色のダイエットコカコーラ』

『灰色のダイエットコカコーラ』が9月10日発売だそうです!
(情報元:悪漢と密偵

覇王か肉のカタマリか。「東京以外=地方」で青春を過ごさざるを得ない若者の群像を鋭くえぐり出す。ゼロ年代の傑作誕生。

出版社:講談社 発売日:05/09/10 値段:1680円(税込)
ISBN:4062130637

やったー!
待ってたぜー!
あの展開で待たされ続けるのは辛かったですよ。


読売新聞に記事が

読売新聞9月3日(土曜日)夕刊6面
「新・私のいる風景」で紹介されています。

電車に乗ったら音楽を聴いて防御する。いまだに電車に慣れることができない。
高校時代、周りの人間の世界についていけなかったこと。卒業してからも人と接触しなくてもいい生活をを送ったこと。そんな孤立感、閉塞感が今の作品に登場するキャラ達に現れている。
今の時代は挫折も希望も夢もなく、ただ平板に生きているだけだと語る。

「僕ができるのは、読んだ人の頭がぐらんぐらんするような小説を書くことを目指して、突き進むことだけです」

写真がでかくてビックリしますよ。
読売とってる人はひっぱり出してみてください。
それ以外の人はご友人や図書館にあたってみてはいかがでしょう。

『灰色のダイエットコカコーラ』について
先日、9/10発売と紹介しましたが、講談社公式サイトやメルマガを見るとどうやらなさそうです。
期待させてごめんなさい。
でも一度情報が出たわけですから、近いうちにでるんじゃないでしょうか。

おまけ
『佐藤友哉の本棚』で紹介されていた『オーデン詩集』をちょっとだけ読みました。
正直言って詩はよくわからなかったので、先にエッセイを読みました。
そのエッセイ「読むこと」が素晴らしかったので、皆さんぜひ読むといいですよ。

彼の新作は、そのもっている文学的価値に加えて、われわれが長い間関心を抱いてきた人間の行為として、われわれにとっては歴史的興味がある。彼は単に一詩人、一小説家であるだけではない、われわれの伝記への登場人物でもあるのだ。

全文引用したくなるくらいよかったです。
11ページくらいなので、図書館などで探して読んでみてください!


『群像』に佐藤友哉論

群像
出版社:講談社 発売日:05/09/07 値段:920円(税込)
「更地と希望─佐藤友哉『子供たち怒る怒る怒る』を読む─」
陣野俊史氏による佐藤友哉論が掲載されています。
(情報元:いろいろ)

買ってないんで内容はわかりません。
好きな作家に対する評論って読んでも意味ないよねーって最近気付きました。
(最近ってゆーかオーデン詩集なわけですよ)
もちろん買いますけどね!

むしろ平山瑞穂論のが気になります。

(9/9)
誤字修正いたしました。神野→陣野。
ご指摘ありがとうございました!


今度こそ?

『灰色のダイエットコカコーラ』が10月25日発売だそうです!
(本やタウンの新刊情報より)

(情報元:悪漢と密偵

覇王か肉のカタマリか。「東京以外=地方」で青春を過ごさざるを得ない若者の群像を鋭くえぐり出す。ゼロ年代の傑作誕生。

出版社:講談社 発売日:05/09/10 値段:1680円(税込)
ISBN:4062130637

以上コピペ。
京極さんのことがあるので、しばらくは下手に情報流さないよね。
と期待して。


『群像』11月号に書評

大江健三郎賞設立にあたって、本日発売の『群像』11月号は大江特集です。
「書く前に読め」という書評(?)が掲載されている模様。
(情報元:mixi)


メールマガジンファウスト第35号

『ファウスト』Vol.6はSIDE-AとSIDE-Bの上下巻、二冊組みで連続刊行!
だそうです!

「なんで素直にVol.6、Vol.7にしないんですか?」と書いてみる。
佐藤友哉が載るのであれば、何も文句はありませんがね!
SIDE-Aの発売は11月下旬!
次号のメルマガではちょっと詳しい説明がありそう。
お楽しみに!

そして『灰色のダイエットコカコーラ』について全く言及されていません。
『ファウスト』に連載されていたものなので、発売とあれば話題になりそうなものなので、10月25日発売もないかもしれません。
いや、ぶっちゃけないんじゃない?
期待せずに待ちましょう。


『ファウスト』vol.6に対談

『ファウスト』vol.6には東浩紀さんとの対談が載るようです。

「(題未定)」
台湾版『ファウスト』刊行開始記念
太田克史、佐藤友哉、清涼院流水、西尾維新ほかとの座談会
『ファウスト』第6号、講談社

kajougenron


かつくら

佐藤友哉ファンは10月25日発売の「活字倶楽部」をなるべく早めに買った方がいいと、かつくら日記かつくらブログで云ってます!

何が書いてあるんでしょう。楽しみです。
ところで『灰色のダイエットコカコーラ』は出なさそうですね。


『活字倶楽部』2005秋号発売!

『活字倶楽部2005年秋号』
出版社:雑草社 発売日:05/11/25 値段:1020円(税込)
「佐藤友哉'05 第3章”あの頃のぼく”を振り返る」掲載

まず最初はいつ出るのか胃がもきもきしている
『灰色のダイエットコカコーラ』は年内刊行予定!
恐ろしいことにインタビュー内にて、まだ装幀が決まってないような事が書かれています。

最初のインタビューは『灰色のダイエットコカコーラ』の軽いネタバレを含みます。
作品の予備知識なしに読みたい人は飛ばして読んでね!とのこと。
この作品が生まれた北海道の土壌のついてとか(違うかも)。
あとは近況ですか。
12色が24色になったとか、滝本さんが隣にいたら「抽象的すぎてわかりません」って言われると思います。

そして次は今までを振り返る佐藤友哉。
メフィスト賞に応募したときのことから、今に至るまでを。
いやあ、これ面白いです。まさに歴史ですね。

あいかわらず、かつくらは写真のセンスが乙女の心を鷲づかみで素敵です。
熊と鮭とぼく。

そして「早く買ってね!」ってこれのことか!

《佐藤友哉'05》最終回記念イベント
     ~佐藤友哉と午後のひととき~

日時:11月20日(日)14時頃開始
場所:都内某所
入場料:2000円以内予定(お茶代込み)

………………(絶句)。
公開インタビューと質問タイム。
を佐藤先生と優雅にお茶を飲みながら行ないます。
特製ペーパー配布もあり。
佐藤ファンの人はぜひ応募しましょう!
(20名前後とのことで、ここに書くことにより倍率をあげてしまうのではないかと考え、応募方法は載せません。てゆーかお茶会に行きたいような人はみんなかつくら買いますよね?)

締め切りは11月5日ですので、早くとにかく急いで『活字倶楽部』をGETして応募してください!!!


佐藤友哉先生と午後のひととき…について

『佐藤友哉先生と午後のひととき』についてのお知らせ。
かつくら日記(11/1)にて編集部のパソコンの不調によりメールが受信できていない可能性があるので、下記の時間にお茶会希望メールを出した方は再度送信してくださいとお知らせがありました。

10月31日 18:00~22:00 
(21:53、22:13に送信してくださったお二人方のメールは届いています。)

メールで応募した方はメールソフトで送信時間を確認して、該当する場合、再度送信してください!

って私が該当してたー!!!
ものの見事に21:43に応募してました。
送らなきゃ!


『戯言パンフレット』にコメント

西尾維新さんの戯言シリーズが『ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い』でついに完結です。
シリーズ完結記念として作られる『戯言パンフレット』に佐藤先生の声援コメントが載るそうです。

パンフレットは全国書店にて無料配布です。
ある程度大きな本屋に行けば手に入るのはないでしょうか。

またネット上でも声援コメントをご覧いただくことができます。
戯言シリーズ特設ページ


野間文芸新人賞候補作

第二十七回野間文芸新人賞の候補作品が発表されました。
佐藤友哉『子供たち怒る怒る怒る』(新潮社)が入っています。
おめでとう!
は変か。
頑張って!
も変だな。
今さら頑張れないもんね。
よかったね!

(ソース:群像12月号P446)

それから『ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い』
が発売されました。(地域差がありますが)
戯言パンフレットがほしい人は本屋へGO!

その『ネコソギ』の間に挟まっていた『ファウスト』ちらし&巻末広告によりますと、
『ファウスト』vol.6のSIDE-Aに佐藤先生の短編が載るようです。
東さんとの座談会は台湾版ファウスト編集部の方がインタビュアみたい。


瞬殺!

第二十七回野間文芸新人賞は青木淳悟さん『四十日と四十夜のメルヘン』と平田俊子さんの『二人乗り』に決定しました。
おめでとうございます!

ソース:yahoo!ニュース
(教えてくれた人:さとるさん)

さて巷ではメールマガジンファウスト第37号が届いているようです。
何故かうちには着てません。
はてなダイアリーなどで調べたところ、めぼしい情報は11月28日に発売を予定しているけれど、みんなわかってるように、予定は決定ではないから、その辺のところを考慮した上で楽しみに待っていてください!


『ファウスト』vol.6 SIDE-A

ファウスト Vol.6 SIDE-A』
出版社:講談社 発売日:05/11/28 値段:1680円(税込)
ISBN:4061795864

bk1に詳細情報が出ました!

佐藤友哉は<鏡家サーガ>外伝となる佐藤友哉版ナインストーリーズの新作を一挙三作掲載(イラスト/笹井一個)。

台湾版『ファウスト』編集部がインタビュアーとなり、早くも「伝説必至!」との呼び声の高い「東浩紀+清涼院流水+佐藤友哉+西尾維新」そろい踏みのトークセッションを掲載いたします。


三作ー!
ああもう来週ですね!
トークセッションも超ウルトラ楽しみです。


メールマガジンファウスト第39号

目次情報がきましたよー。

《特集企画》
『ファウスト』世界進出記念インタビュー・セッション
「さらなる世界の最先端へ!」
東浩紀+清涼院流水+佐藤友哉+西尾維新
Interviewer/台湾版『ファウスト』編集部

《小説》
◆憂い男 佐藤友哉 Illustration/笹井一個
◆愛らしき目もと口は緑 佐藤友哉 Illustration/笹井一個
◆レディ 佐藤友哉 Illustration/笹井一個

《コラム》
◆佐藤友哉の人生・相談 佐藤友哉 Illustration/笹井一個

いやっほぅい!
ありがとう、ファウスト。ありがとう、太田。

台湾版『ファウスト』読者に向けてのイベント開催も計画しているところです。これはちょっとありえないことかもしれませんが、日本から台湾まで押しかけてくる読者のあなたが一人でもいれば、それはすごく嬉しい!

いくらなんでも台湾なんて!
ユヤタンか流水のどっちかが絡んでたら行かないとは必ずしも言い切れない自分がいることに驚愕。


『ファウスト』vol.6 SIDE-A発売!

ファウスト Vol.6 SIDE―A: 本
出版社:講談社
発売日:05/11/28
値段:1680円(税込)
ISBN:4061795864


《特集企画》
『ファウスト』世界進出記念インタビュー・セッション
「さらなる世界の最先端へ!」
東浩紀+清涼院流水+佐藤友哉+西尾維新
Interviewer/台湾版『ファウスト』編集部
《小説》
◆憂い男 佐藤友哉 Illustration/笹井一個
◆愛らしき目もと口は緑 佐藤友哉 Illustration/笹井一個
◆レディ 佐藤友哉 Illustration/笹井一個
《コラム》
◆佐藤友哉の人生・相談 佐藤友哉 Illustration/笹井一個

発売しましたー!
「憂い男」
うはっ、公彦の一人称が懐かしい。
「愛らしき目もと口は緑」
水没好きにはたまらない内容となっております。
「レディ」
癒奈お姉さん!

こちらの佐藤友哉版『ナイン・ストーリーズ』は来年あたりに単行本としてまとめられる予定だそうです。お楽しみに!
その前に『灰色のダイエットコカコーラ』が近いうちに出たら奇跡。

『佐藤友哉の人生・相談』は次号へ続く。
そうくると思ったぜ。


お誕生日おめでとう!

25才おめでとうございます!!!
四半世紀です!
フィーバー二年目ハッスルしてください!


『ファウスト』vol.6 SIDE-B発売!

ファウスト vol.6 SIDE―B講談社MOOK: 本
出版社:講談社
発売日:05/12/22
値段:1785円(税込)
ISBN:4061795872


発売ですー。
といっても載ってるのは「佐藤友哉の人生・相談」のみです。
『灰色のダイエットコカコーラ』はあいかわらず近日発売予定!
ちなみに「近日」というのはものすごく近い時を表す言葉ですが、「今冬」とも「来春」とも書けない、「いつ発売かは全然決まってません」という意味だと解釈した方がよさそう。


『フリッカー式』が文庫落ち?

『フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人』が2月に文庫落ち予定だそうです。

(知ったところ:2ちゃん)

文庫落ちだし、2月発売は胡散くさいと思って記事を書かずにすませようかとも思いましたが、年末年始のごあいさつをしてなかったのでついでに。

皆様、メリークリスマス&よいお年を&あけましておめでとうございます!
ここ最近の出来事といえば、私のファウストは上中下巻だったり、舞城王太郎先生からクリスマスプレゼントが来たことでしょうか。
私事ではありますが、今年はメフィスト賞受賞作家全作品を制覇します。
私がユヤオタでありながら実は流水信者であることは一部で有名ですが、今年はメフィオタとしても有名になりたいと思います(どこでだ)。
では今年もよろしくお願いします!


『活字倶楽部2006年冬号』発売!

『活字倶楽部2006年冬号』
出版社:雑草社 発売日:06/01/25 値段:1020円
「人気作家64人大アンケート」
「佐藤友哉'05 最終章ようこそ、ぼくのお茶会へ」掲載

まず「人気作家64人大アンケート」は「2005年に印象に残った本」「印象に残った出来事」「今年の予定」に答えています。
えー、2006年はブレイクだそうです!

「佐藤友哉'05 最終章ようこそ、ぼくのお茶会へ」
おーち委員長が号令で始まるお茶会。
「きりーつ、礼。着席」

しょっぱなから度肝を抜かれた佐藤友哉と午後のひとときの模様がお楽しみいただけます。
インタビューは今までの取材を振り返って、『灰色のダイエットコカコーラ』の進行状況、その場にいた生徒(?)からの質問。
最後にお茶会終了後のインタビュー裏もあります。

肝心の次作についてはめぼしい情報なしです!
『灰色のダイエットコカコーラ』は結局いつ出るのかわからない。
鏡家は書きます。

お茶会で配られた『~佐藤友哉と午後のひととき~楽しい時間を過ごすために課題図書』が抽選で5名さまに。
参加できなかった方はぜひ応募してみてください。

続きを読む »


『立喰師列伝』公開!

『立喰師列伝』が公開されました!
関東や関西などでは4月8日からで他の地域では4月~6月の間に公開予定です。

気になる佐藤先生の出演シーンですが。
一応隠しておきますか。

続きを読む »


『ファウスト』韓国版

『ファウスト』vol.1韓国版が4月25日発売だそうです。
佐藤友哉海外進出!
おめでとう!

_undercitizen
こちらのサイトに翻訳された記事が載っています。
韓国の作家とこちらの作家の作品が混ざって載るようです。
なんかイベントもするみたいですよ!

ファウストコリア編集部非公式ブログ
韓国版公式サイト(4/20前後オープン)
韓国語わからないのでというか、ハングルフォントが入ってないので全く読めません。

翻訳ソフト使って非公式ブログ読みました。
1号が670ページくらいになるとか。
太田さんの血が受け継がれてますね!

リンクしてるサイトを読んだら、舞城さんの『好き好き大好き超愛してる』の韓国版発見しました。
タイトルは『良くて良くて大好きで本当に愛してる』らしい。


台湾版も

中国語版について書くのを忘れていました。
4月11日に発売されています。

『浮文誌FAUST』
東浩紀さんの渦状言論で紹介されています。

お茶会開催?(中国語)
多分、おそらく、4月10日に台湾大学でお茶会が開かれました。
楽しそうですね?
そちらでもファウスト賞の原稿募集中。
日本のに落ちた人は出してみてはいかがでしょう。


『フリッカー式』韓国版が6月発売

『フリッカースタイル』6月20日に韓国で発売されます。
イラストは笹井一個さんなので新装版の方ですね。

翻訳した紹介文↓
あほらしい世の中に投げる
佐藤ユヤの薄気味悪いメッセージ!


ちょっと笑った。

国内では特にお知らせする情報がありませんー。
『コミックファウスト』が出るらしいけど、佐藤さんは関係ないよね?

 | BLOG TOP |  NEXT»»


最近の記事


過去ログ


リンク


ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。